サイトマップ プライバシーポリシー HOME 会社概要 葬儀プラン お問い合わせ アクセス

Information

ご挨拶 葬儀のマナー 家族葬/個人葬とは? お見積もり 個人情報保護方針お墓磨き 施設紹介

お問い合わせ受付センター 022-226-2006

宮城県仙台市青葉区郷六舘39-1

JECIA-ジェシアは消費者の皆様に代わって、葬儀会社を価格や事前説明の明瞭性・サービスの提供能力や設備・社員の対応等20数項目に亘り評価し、格付けする事を目的とした機関です。メモリアル愛敬は、このジェシアから優良葬儀社の認定を受けました。この認定は安心した葬儀社でない限り取得できません。

葬儀のマナー

香典について

・香典の出し方
香典は遺族の方が後で整理しやすいように出すことが重要です。住所や氏名は見やすいように書きたいものです。また、金額もはっきり書くようにしましょう。
香典を郵送する場合
通夜・告別式とも出席できない時には現金書留で香典を郵送します。この場合、まず現金を香典袋に入れてから現金書留の封筒に入れます。その際には出席できない理由と、故人を偲ぶ手紙を添えたほうが心がこもるでしょう。
・香典袋の書き方
仏教
葬儀の時の一般的な表書は「御霊前」ですが、浄土真宗の場合は「御仏前」と書きます。「御香典」「御香料」と書く場合もあります。黒白の水引を使います。

神道
銀の水引を使って、「御玉串料」と書くことが多いようです。「御榊料」などを書く場合もあります。

キリスト教
「献花料」「御花料」などを書きます。水引はなくてもかまいません。

葬儀・告別式の服装

葬儀・告別式の参列の時の、一般会葬者の服装は通常礼服です。しかし、特に親しい間柄でない場合には黒めの平服でかまいません。男性はダークスーツと黒のネクタイ、黒の靴。女性は、黒もしくは地味な色のスーツ、もしくはワンピース、それに黒の靴が一般的です。男女、和洋装を問わず、黒であっても光沢のあるものは避けましょう。学生の場合は制服が喪服となります。制服のない場合は黒もしくは地味な色の服装に、黒か白の靴下、黒の靴が望ましいでしょう。

仏式葬儀

・お焼香の作法
お焼香には、仏前を壮厳して敬虔な心をささげるという役割があります。また、香は人の気持ちを快くすると同時に、芳香によって心身を清めるといった意味もあります。
近親者の葬儀式の時間内に行われ、一般会葬者の焼香は告別式開始と同時にはじめられることが多いようです。
ここでは一般的なお焼香の仕方を紹介していますが、厳密には宗派や地域によって違いがありますので正しくはご導師にお尋ね下さい。

・お焼香の順序
・遺族に一礼して焼香台のある仏前に進みます。ご本尊と遺影を仰ぎ頭を下げて黙礼します。
・右手で香をつまみます。
・額のところまでおしいただきます。(※浄土真宗では、おしいただきません。)
・香炉に静かにくべます。これを宗派で決められた回数行うのですが、二回目からは額でおしいただく必要はありません。(※会葬者が多い場合、焼香は一回だけ行うことが、宗派問わず慣例化しているようです。)
・合掌礼拝します。最後に遺族に一礼し、退きます。

神式葬儀

仏式の告別式にあたる葬儀を、神式葬儀では、「葬場祭」といいます。神式葬儀が仏式といちばん異なるのは「手水の儀」と、それに引き続き執り行われる「玉串奉奠」で、仏式の焼香にあたるものと考えればよいでしょう。
斎主(神官)・副斎主・祭員・喪主・遺族・近親者の順番で行います。

・手水の儀
・左手に水を注ぎます。
・右手を清めます。
・左手で口をすすぎ、両手を拭きます。

・玉串奉奠
・玉串を受けたら、案(玉串を置く台)の前に進み、玉串をおしいただきます。
・根元を手前にして、まっすぐに持ちます。次に時計回りに回転させて、向きを変えます。葉先を手前にして供えます。
・二礼
・二拍手(葬儀では音をたてずに拍手します)※しのびて
・一礼

キリスト教葬儀

キリスト教の葬儀は、故人をゆだねる祈りと神を讃える祈り、そして遺族への慰めが中心となって行われます。


・献花
仏教の焼香にあたるのが献花です。花は持参してもかまいませんが、多くの場合、会場に準備してあります。キクやカーネーションが用いられることが多いようです。根本を祭壇側に、花を手前に向けて献花台に供えます。

※地域や風習によって違いがありますのでご了承下さい。